防音ドアによくあるドアクローザーとは?3つのメリットもチェック

防音ドアの購入を考えている方の中には、オプションとして選ぶことができるドアクローザーとは一体何なのか、疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。オプションを選択する際に、自分にとって必要か不必要かを判断するためには、ドアクローザーについての知識をある程度持っておく必要がありますよね。

そこで今回は、ドアクローザーの概要やメリットについて解説します。防音ドアの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドアクローザーとは

「ドアクローザー」とは、ドアの上部についている、勢いよくドアが閉まらないようにするための装置のことです。頻繁に開け閉めされたり、風が吹き込みやすかったりするドアには必須アイテムと言えるでしょう。

ドアクローザーには、「スタンダード型」と「パラレル型」の二種類があり、それぞれ取り付ける場所が異なります。

スタンダード型は押す反対側のドア面に付けるタイプで、180度開くことができません。
外開きが多い日本の住宅では、押す側のドア面に付けるタイプのパラレル型が主流です。

壁の位置によってはとちらか一方のタイプしか取り付けられない可能性もあるため、購入前にチェックしておきましょう。

防音ドアにドアクローザーを使用するメリット  

防音ドアにドアクローザーを使用するメリットは、以下の3つです。

  • 扉がゆっくり閉まるので大きな音かでない
  • 指を挟みにくく、ケガをしない
  • 故障防止になる

ドアクローザーが設置されているドアはゆっくり閉まるようになるため、安全性が高くドアが壊れにくいというメリットがあります。特に小さなお子様やペットがいるご家庭では、ドアクローザーの設置は安全のためにも必須でしょう。

防音ドアに使われるパーツ「グレモンハンドル」

ドアクローザーと同様に、防音ドアのパーツとして「グレモンハンドル」についても知っておくといいでしょう。
グレモンハンドルの概要やメリット・デメリットについては防音ドアでよく使われるグレモンハンドルとは何かで解説しているので、ぜひ確認してみてください。

ドアクローザーで安全性を高めよう

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで、防音ドアのオプションによくある、「ドアクローザー」の概要やメリットついてご理解いただけたと思います。

防音ドアを購入する際には、今回ご紹介したドアクローザーの特徴と予算とを鑑みて、自分に本当に必要かどうかを判断するようにしましょう。

部屋を防音にしたいという方は、有限会社幸昭にぜひお気軽にご相談ください!
オーダーメイドの防音ドア作成や、防音室の設計を一から承ります。

関連記事

PAGE TOP